ただ筋肉を鍛える筋トレがなぜだか面白い6つの理由

こちらを見つめるマッチョの男性 知識・ノウハウ

筋トレにハマると、筋トレが生活の中心になるくらい面白いんですが、筋トレをやった事がない人の中には

必死な顔で重りを上げ下げして何が面白いの?

と思う人も少なくないようです。

でもですね、ハマった人間にしかわからない面白さ、魅力というのが実はあるんですよね。

私が筋トレを4年続けて特に「面白い」と思った5つのポイントについてお伝えします。

①ちゃんとやれば誰でも結果が出せるから面白い

lookmymuscle

例えば野球だと、努力すれば実力は上がりますけど、結果はわりと運に左右されますよね。

天候だったり、チームメイトとの相性だったり、監督に嫌われたらそもそも試合に出られなかったり。

仕事でも、努力して渾身のプレゼンをしても、結果につながるかどうかは上司や取引先しだいですよね。

でも、筋トレなら、自分の目標に合ったメニューをしっかりやれば誰でも結果が出せます

もちろん個人差はあるので結果の出方は変わってきますが「頑張ったのに結果が出ない」という事がないのも筋トレの面白さの一つです。

②筋肉の成長が面白い

abmuscle

筋トレを続けていくと、当然筋肉が成長していきます。

見た目の変化もそうですが、数字にしっかり現れます。

・持ち上げられるウェイトが増える
・腕や胸囲がサイズアップする
・体脂肪率が減る

他の技術的なスポーツの「テクニック」は数値化が難しいですが、筋肉の数字は明快です。

③体調が良くなっていくのも面白い

海沿いを走る男女

これは私の見解ながらほぼ確信している事ですが「運動不足は万病の元」です。

人間は何万年もの間カラダを動かして獲物を獲り生活してきました。

文明が発達してパソコン1台でも生活費を稼げるようになったのはここ数十年の話です。

カラダを動かさないと血行は悪くなるし、筋肉も衰えて体調が悪くなるのは当然ですよね。

私も筋トレが習慣になるまでは冬に数回はカゼをひいて治りも遅かったのが悩みでした。

でも筋トレを始めてから、冬にカゼをひくのは1度あるかないかで、治りも早くなりました。

他にも体調が良くなり「健康になったなぁ」と思う事がたくさんあります。

・睡眠の質が上がり、寝起きが良くなった
・お酒の量が減った
・疲れにくくなった
・冷え性が治った

こうした効果と合わせて、筋肉を修復する時に出る「成長ホルモン」の効果で若返ったように感じています。

20代の時よりも、40代の今の方が心身共に充実しているのはとても面白いと感じますね。

④一人で黙々とできるのが面白い

一人で黙々と筋トレ

私は好奇心が強い一方飽きっぽくもあるので、これまで色々な趣味を試しては「これは向いていない」とやめてきました。

色々やってみてわかったのですが、どうやら私は団体行動に向いていないようです。

チームスポーツなんてもっての他で、やればやるほどストレスが溜まります。

個人スポーツのゴルフでも、人と一緒にやるという時点でめんどくさいんですよね。

でも筋トレなら、自分の好きな時に好きなだけできます。

だから面白いと感じられるし、続いているんだろうと思います。

もちろん仲間とワイワイやることもできますが、ジムで見ていても長く続けている人はだいたい一人で黙々と筋トレしてますね。

⑤メンタルが強くなっていくのが面白い

自分の限界に挑戦する筋トレ

筋トレで大切なのは、自分の限界を超えていくことです。

「もう無理!」というところに「あともう一回」を積み重ねていきます。

「もう無理!」でやめてもいいのですが、それだと筋肉が増えなくてもったいないので、頑張ってもう一回をやります。

すると、弱い自分にうち勝つ体験を積み重ねていけるので、メンタルも強くなります。

これは精神論だけではなく、科学的にも証明されています。

自分の限界に挑戦する筋トレをすると、男性ホルモンの代表格である「テストステロン」などの脳内ホルモンが増えます。

こうしたホルモンによって、メンタルが強くなっていくわけです。

 

メンタルが強くなると、精神も安定してきます。

私も元々は不安が強く、不眠に悩まされたこともありますが、筋トレを始めて半年経った頃から解放されました。

「眠れない」ということ自体がほとんどなくなりましたし、たまにあっても「まぁいいや」と考えられるようになりました。

 

精神が安定してくると、感情も安定してきます。

筋トレを始める前はわりと短期な方でしたが、怒ることもめっきり減りました。

ここ2年くらいは夫婦ゲンカもしてないので、夫婦仲もよくなった気がします。

この記事を読んでいる女性がいたら、筋トレをしている男性はおススメですよ。

規則正しい生活で健康だし、自制心も平均より強く感情も安定しています。

とはいえ一部例外もあるので、そこは自己責任でお願いしますw

⑥自信がつくので人生が面白くなる

モテるマッチョ

自信というのは「自分を信じる」と書きます。

どうしたら自分を信じられるかというと「自分との約束」を守るからです。

これは他人の場合を考えるとわかりやすいです。

約束を守る人は信じられるし、約束を破る人は信じられませんよね。

だから、自分との約束を守る人は自分を信じられるようになり、自信がでてきます。

筋トレにどっぷりはまると「理想のカラダになる」こと、そのために行動することが快感になってきます。

さぼりたくてもさぼると筋肉が増えないのでさぼりません。

こってりした肉やラーメンが食べたくても、筋肉のためなら自制できます。

つまり「理想のカラダになりたい!」という強い欲求から、自分との約束を守る習慣が身につくんですね。

そして自然と自己肯定感が高くなって、自信がついてきます。

もちろん、筋トレで変わった自分の姿を見ても自信が持てます。

自信がついてくると、筋トレ以外にも積極的に取り組めるようになります。

すると、どんどんやりたいことが出てきて、積極的に人生が楽しめるようになります。

私は今40代になりたてですが「もう40歳」ではなく「まだまだ40歳」という気持ちです。

なんなら気持ちだけなら20代の時より若いかもしれません。

やりたい事はたくさんありますし、年齢を言い訳にせずにこれからも色々チャレンジしてきたいと思っています!

余談・意外とコスパも良い

腹筋運動をする男性

どんなに良いものでも、お金がかかりすぎるものは続けられませんよね。

その点、筋トレなら大手フィットネスジムでも1万円以下で通えるところもありますし、1回500円くらいの公営ジムに週2回通うとかなら月4~5千円で済みます。

場合によっては家で無料でできますし。

家にジムを作るのも意外とハードルは低いです。

高い道具をそろえればお金かかりますけど、私はそこまで高い器具は買わなかったので、全部で20万円まではかかりませんでした。

筋トレで健康になれば医療費も減るし、良い投資だったと思ってます。

まとめ

こうして書き出してみると「本当に筋トレにハマってよかったな~」と、しみじみ思います。

現在では筋トレがブームを通りこして定着してきているようですが、私も含めみなさん本能的に筋トレが必要だと感じているのかもしれませんね。

もはや筋トレは「やった方がいい」というよりも「やらないと損」な時代なのかもしれません。

居酒屋でグチるのもたまにはいいですが、筋トレを習慣にして前向きにストレスを発散して人生を楽しみましょうね!

ENJOYWORKOUT!トップページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました