【根性なくても成功】ダイエット運動を続ける6つのコツ

Diet 知識・ノウハウ
ダイエットのために運動したいけど、何度チャレンジしても続かない…。

このような悩みを持っている方は少なくないようです。

そういう私も、過去に何度もダイエットのための運動や筋トレにチャレンジしつつ「根性の不足」から毎回3ヶ月以内に挫折してきました。

根性のある人がうらやましい…。

しかし、ちょっとしたコツをつかんだ事でダイエット運動、筋トレを続ける事ができるようになり、かれこれ4年も続いています。

おかげでスリムを通り越してプチマッチョになりました。

この記事では、そんな成功体験から私が学んだ「ダイエット運動を続けるための6つのコツ」についてお伝えします。

あなたのダイエットの手助けになれば幸いです。

①続ける事を最優先する

筋トレ運動続けるコツ

ダイエットのための運動に関わらず、日記や読書でも、「続かない」原因は「自らハードルを上げすぎる」事による「自滅」が多いです。

例えば日記なら、「365日毎日欠かさず1ページ以上書く」というような高いハードルを自ら課すと、早々に自滅してしまいます。

代わりに「1日1行でもいいので何か書く」と決めた場合はどうでしょうか?

明らかにハードルが下がって、続きそうな感じがしますよね?

読書の場合でも、「週に2冊は読破する」と決めるより、「毎日本を開く」という目標の方が続きますよね。

たしかにそのくらいなら根性なくてもできそう。

これは「ベイビーステップ」という心理的技法で、ごく低いハードル設定をする事で続ける事、行動を起こす事を最優先して「習慣化する」ことがねらいです。

また、この技法には他にもメリットが2つあります。

まず一つ目は「達成感を得やすい」という事です。

高めの目標だと、達成感を得るためのハードルが上がり、相当な努力が必要になります。

例えば日記の例だと、1日でも休んだり、半ページしか書けない日があると達成感が得られません。

すると「またダメだった」と自分を責め、早々に挫折してしまうんですね。

一方「1日1行でもいいので何か書く」という目標だと、わりと楽に達成感を得ることができます。

すると「よく頑張った、自分」と自分をほめ、認めることができるので自己肯定感が高まり、より続きやすくなるという好循環が生まれます。

そして2つ目のメリットが「とりあえずの小さな行動が大きな行動に繋がる」場合があるということです。

とりあえず1行何か書こうと1行だけ書いてみたら、そういえばあれも書きたい、あんな事もあった、といった感じで気がつけば1ページ書いてたりするものなのです。

■筆者の体験談■

私も筋トレを4年続けていますが、気が向かない日も当然あります。

でも、そんな時でもとりあえず筋トレ器具に触ればOK、としています。

触ったらとりあえず1回持ち上げてみるか、といった感じでやってると、普段通り、場合によって普段以上できているような時もあります。

これは筋肉芸人のオードリー春日さんも同じ事を言っていて、やる気が起こらない時でもとりあえずジムには行くそうです。

出典:FIRA Muscle Suppliment

なので、例えばダイエットのためにジョギングをするなら「スニーカーを履いて外に出たらOK」というふうに軽めの目標から始めると、続きやすくなります。

②続くものを続ける

物事を続けて、結果を出している人を見ると、ハガネのメンタルで続けているように見えますよね。

でも実際は、色々チャレンジして、自分に合うもの、続くものだけを続けて結果を出した、という場合も少なくないようです。

ブロガー界では非常に有名な、「イケダハヤト」さんも、以下のツイートを残しています。

ダイエット運動も、続かないなら「そもそもあなたに合っていないだけ」かもしれません。

・1人でやって続かないなら、仲間を作れば続くかもしれません。

・ジョギングが続かないなら、ウォーキングなら続くかもしれません。

色々試して、自分に合う・続けられるやり方を見つけるのも続けるための大事なポイントです。

③人と比べない

人はそれぞれ性格や体質が違うので、同じダイエット運動をしても効果は人それぞれです。

・同時期にダイエットを始めた友達はするするやせたのに、私は全然やせない…もうダメ…。

・友達は週5回ジムに行ってるのに、私は2回しか行ってない…もうダメ…。

こんな風に人と比べて落ち込むのははっきり言って全く意味ないです。

意味ないどころかマイナスです

比べるべきは昨日の自分。過去の自分。

3日しか続かなかったものが4日続いたら喜びましょう!

一歩成長できたら前進です!

自分のペースで、着実に積み重ねていきましょう!

④ガマンではなくチャレンジと考える

チャレンジ

ダイエットのための運動で「辛いけどガマン」と考える人は多いのですが、これは逆効果になる事が多いです。

なぜなら人間はそもそも辛い事をやりたがるようにはできてないので。

辛いけどガマンできるのは、生きていくために必要な仕事くらいです。

それよりも「理想の自分になるためのチャレンジ」と思う方がジョギング、ウォーキングの一歩一歩に意味が生まれます。

やりがいも持てますし、モチベーションも湧いてきます。

ダイエットにつきものの食事制限も同じで、「食べたいけどガマン」と思うとしんどいですが、空腹を感じた時に「おー、やせてるやせてる!」と思うと空腹すら楽しめたりします。

ちなみに私が昔2ヶ月で8キロ太って、その後2ヶ月で8キロ落とした時はこの方法でうまくいったので是非お試しください。


ここまで「続けるコツ」についてお伝えしました。

ただ、いくら続けられても、肝心のダイエット効果が出なければ意味ないし、やる気もそがれますよね。

なのでここからは続けられるようになった後、しっかり結果につなげて、さらにモチベーションを上げるためのコツをお伝えします。

⑤目標を明確にする

目標設定

これは④の「ガマンではなくチャレンジと考える」とも関係してきますが、「目標を明確にする」こと抜きに「チャレンジ」と考えることは難しいです。

人は目標、目指すものがあるからチャレンジできます。

例えばマラソン。

42.195キロ完走、という目標があるからチャレンジできます。

ただ「走る」だけではチャレンジにはなりません。

例えば登山。

山頂に到達するという目標があるからチャレンジできます。

ただ「登る」だけではチャレンジにはなりません。

つまり、目標を言い換えると「ゴール」なわけです。

ゴールのないマラソンなんて考えるだけでもしんどいですよね。

とりあえずでもいいので「どうなりたいか」という目標・ゴールをしっかり決めましょう。

後で修正しても全然大丈夫ですので。

目標に関しては、「ビジュアル目標」と「数値目標」の2つ作っておくのがおススメです。

ビジュアル目標

これはダイエットの結果、どういうカラダになりたいか、という目標です。

これはネットで検索して、「こんなカラダになりたい!」と思える画像をプリントして壁に貼ったり、スマホの待ち受けにするのがおススメです。

この際注意点としては、「こうなりたい!」と思うのではなく、「こうなったらどんな気分だろう?」と想像して、その気分を味わうのがポイントです。

■潜在意識とは?■
詳しくお話しすると長くなるので簡単にご説明すると、人間は「潜在意識」に動かされています。潜在意識は「感情を実現する」という性質があります。

「こういうカラダになりたい!」と強く願うと、潜在意識はその感情を実現します。

すると「こういうカラダになりたい!」と思っている「今のあなた」を実現するので、結果的に現状維持になってしまいます。

一方、「理想のカラダになった時の感情」を想像でも味わう事で、その感情を実現しようと潜在意識が動いた結果、理想のカラダになれる可能性が上がります。

信じるか信じないかはあなたの自由ですが、私はこの方法でうまくいった事が多々ありますし、無料ですので試してみる価値はあると思いますよ!

数値目標

ダイエットの数値目標

ビジュアル目標は感情を刺激してモチベーションを上げてくれます。

ただ、変化が緩やかでなかなか実感できないというデメリットもあります。

それを補うのが数値目標です。

体重・体脂肪率・ウエストのサイズなど、目標を数値化しておくと、少しの変化も数字に現れるので、効果を実感しやすくなります。

目標を立てたら、進捗を確認するために記録もつけましょう。

⑥記録をつける

ダイエット変化

ビジュアル目標は写真で記録できます。

自分の姿は毎日見るのでビジュアルの変化は感じにくいかもしれませんが、写真で残しておくと見比べることができます。

どのくらいの頻度で写真を撮るかは自分のペースでいいと思いますが、ダイエット開始時の写真だけは必ず撮っておきましょう。

ダイエット前の写真があると、やせた時に「こんなに変わったんだ!」と驚けてモチベーションアップにも繋がります。

数値目標も同じで、開始時の数値を記録して、後は自分のペースで記録していけば大丈夫です。

「毎日忘れずに!」とかやるとかえってモチベーションを下げる原因にもなりかねませんので、自分のペースでやりましょう!

最後に

ここまでお伝えした方法を試しても、残念ながら挫折する人はいると思います。

でも、仮にあなたが挫折したとしても、諦める必要はありません!

「やせたい!」と思う気持ちがある限りは可能性があります。

挫折したのは、やり方が悪かっただけ。

あなたにとって「続かない」やり方が混じっていただけです!

というのも、私もダイエット、筋トレで筋肉の増量、禁煙に成功しましたが、成功するまでには何十回とチャレンジと挫折を繰り返しました。

恥ずかしながら意志も弱いし、根性もありませんので…。

でも、その都度違う切り口で何度もチャレンジしたから、最終的に「自分に合うやり方」を見つけて達成することができたんですよね。

なので、挫折の原因を一つずつ潰していけば、きっとあなたのダイエットは成功します!

健闘を祈ります!

ENJOYWORKOUT!トップページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました