冬の増量期に太りすぎたので話題の加圧シャツで短期減量に挑戦してみます!

どんなに筋トレしても、食べなければ筋肉は増えません。

なので、今年の冬はたくさん食べました。

多少脂肪がつくのも仕方ない、夏までに脂肪は落とせばいい。そう思ってました。

その結果、デブまっしぐら…。

去年の夏は体重70kg、体脂肪率14~15%だったのに、やばいです…。

なので、ここから頑張って減量します。

でも、ここまで太ったのは初めてで、いつもの減量で夏までに絞りきれるか不安なので、今回はアイテムを使います!

Vidan ザビースト

Vidan ザビースト

↑の画像をクリックするとオフィシャルページに移動します。

話題になっている加圧シャツですが、以前から気になっていました。

良い機会ですし「気になるならとりあえずやってみよう!」と思って購入してみました!

注文から到着まで約一週間。結構長かったですね。

時期的に需要が多くて発送に時間がかかっているのでしょうかね。

夏までに締まった身体にしたいのはよーくわかります!

届いた時の箱はこんな感じでした。

「われもの注意」と書いてましたが、割れるようなものは入っていません。

「はっはっは、腹筋がわれるんだよ!」という高度なジョークでしょうか?

開封

納品書

Vidan加圧シャツの箱

A4くらいのサイズです。

今回悩んだ末、Mを購入。結果的に正解でした。

後ほど改めて書きますが、サイズ選びは大切です。

Vidan加圧シャツはこんな風に折りたたまれてます

Vidan加圧シャツを広げるとこんな感じです

うっすら見えているラインが特に加圧が強い部分です。

さっそくVidan加圧シャツを来てみる

想像以上の締め付けですね…。そしてやっぱりデブです(涙目)

脱いだり着たりはそこまで苦労はありません。素材がいいんですかね。

サーフィンやダイビングのウェットスーツの方がよほど苦労しますね。

肌ざわりも悪くありません。着ると少し温かく感じました。ゲルマニウムやチタンの遠赤外線効果でしょうか?

オフィシャルサイトで「着圧効果で脂肪燃焼が促進される」と書かれてあるので、それかもしれませんね。

Vidan加圧シャツを着てみた感想

気合いが入る

Vidan加圧シャツを着て最初に思ったのは、「ヤバい、やっぱり太りすぎてる…。」という事でした。

スーツのウエストがキツイので薄々気づいてはいましたが、これだけ身体にピッタリフィットすると、脂肪の多さをイヤでも実感します。

減量やダイエットの最大の敵が、「まだそんなに太ってないし、大丈夫じゃない?」という楽観です。

Vidan加圧シャツはそんな甘えを見事に打ち砕いてくれ、結果的に尻に火がついて強制的にやる気にさせてくれました。

Vidan加圧シャツを着て鏡に映った自分を見たら「まだ大丈夫♪」なんて言えませんからw

その結果、先延ばしにしていた有酸素運動と食事制限を始めました。

Vidan加圧シャツを半月着てみた結果

まず、どのように使ったかですが、寝る時に身体を締めつけるのは睡眠の質を下げるので、寝るときは着ませんでした。毎朝起きたらVidan加圧シャツに着替えます。

そして自分がデブである事を実感したあと、朝食。これで食べ過ぎを防げます。

炭水化物を抜いたらより速く痩せられるんだとは思いますが、米大好きだし、糖質を抜くと力が出ないので抜きません。

ただし量は気持ち少なめ。お代わりはガマンしました。Vidan加圧シャツでデブ実感した事がここで効果を発揮します。

そして朝の筋トレ。だいたい30~40分。これは一年中同じです。基本的に毎日ですが、疲労が残っている時は休みます。無理はしません。

時間があったら30分の有酸素運動(ステップ運動)をしてましたが、2日に1回くらいでした。

昼食はコンビニのおにぎり1個かサンドイッチ。プロテインかサラダチキンでタンパク質補給。

夕食はなるべく糸こんにゃく冷麺を食べようと思ってましたが、やっぱ疲れてると糖質が欲しくなって2日に1回は米食べちゃってました。

ビールもちょいちょい飲んでました。ライザップだったら確実に怒られてますw

それで半月経った結果がこちら↓

体重-1.8kg、体脂肪率も-0.8%です!

少しですが腹周りもスッキリしてきました!

スーツのウエストも少しラクになってきました♪

半月でこれだったら夏までには何とかヤセられそうです!

ってこういう油断が危ないんですよね。これで気を緩めず、夏までにしっかり絞りたいと思います!

今後の結果は7月中頃にご報告したいと思います!

Vidan加圧シャツを買う際の注意点

サイズ選びが大事!

Vidan加圧シャツを買う場合、やはり大切なのはサイズ選びです。

MとLがありますが、オフィシャルサイトのサイズ表を参考に、しっかり選びましょう。

筆者の場合、身長170cm、75.7kgだったので厳密にはLサイズなのですが、75kgは切るという決意表明としてMサイズを選びましたが、結果的に正解でした。

Mサイズでちょうど良いと感じるので、Lサイズだったらちょっとゆるかったんじゃないかと思います。

筆者の減量前の写真がちょうどボーダーラインかもしれません。参考にしていただければと思います。

Vidan加圧シャツを着ると腕が疲れる

Vidan加圧シャツの加圧効果は高いので、ちょっとした作業でも負荷がかかります。

筆者の場合、朝食後に洗濯ものを干すのと皿を拭く家事担当なのですが、そのくらいの軽い作業でも負荷がかかるのがわかります。

最初の頃は途中で休憩をいれていたくらいです。

どのくらい加圧があるかというと、脱いだ時に腕にこのくらい跡が残ります。

なので、仕事で軽い作業をされる方はあまりに疲れるようなら一旦脱ぐなどして無理をしないほうがいいと思います。

ただ慣れてきたらそれが逆に脂肪燃焼につながるので逆にメリットにもなりますが。

筆者も1週間くらいで慣れてきたので、家事をしながら「これでヤセるんだ!」と自分に言い聞かせてました。

ちなみにデスクワーク程度ならあまり疲労が増す事はないと感じます。

この記事もVidan加圧シャツを着て書いてますが、特に負担は感じません。加圧は感じますが。

何枚かあった方がいい

筆者の場合、毎日風呂に入る時にせっけんで手洗いして脱水だけして干して着てましたが、嫁さんに「ちょっと臭う…」と言われてしまいました。

それからはちゃんと他の服と一緒に洗濯してます。

もう1枚買ってもいいのですが、また送料がかかるのでケチって1枚を着まわしてます。

これから買うなら2~3枚のセットを買われる事をおススメします。

2枚重ねで着てトレーニングする猛者もいるようです!

まとめ

最初は半身半疑だった加圧シャツですが、ちゃんと効果が出て満足しています。

夏までにヤセたいなら、試してみる価値はあると思いますよ!

ENJOYWORKOUT!トップページ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする