旅先や出張先で筋トレが出来ない時におススメの携帯筋トレ器具トップ3

筋トレに本格的にハマってくると、旅先や出張先で筋トレができないとストレスがたまってしまいますよね。

私も以前はそうした理由で旅行や出張を十分に楽しめていませんでした。

しかし最近では色々と携帯できる筋トレ器具を活用して、旅先や出張先でも筋トレを楽しんでいます。

今日はそんな筋トレグッズの中でも特におススメの3つをご紹介したいと思います!

出先でも筋トレを楽しみたい!という私のような筋トレ好きの方は是非読んでみてくださいね!




第3位・腹筋ローラー

腹筋ローラーはアブローラーとも呼ばれますが、実は鍛えられるのは腹筋だけではありません。

動作時に身体を固定するので体幹全体が鍛えられますし、腕や脚の付け根の腸腰筋も鍛えられます。

全身運動なのでカロリーの消費も多いです。

とはいえ、メインで鍛えられるのは腹筋です。

キレイに割れた腹筋で有名なユーチューバーのサイヤマンもアブローラーで腹筋を鍛えているそうです。

ここまでになるまでにはかなりの鍛錬が必要になりそうですが、腹筋ローラーはかなり効果があります。

腹筋ローラーが旅行におススメの理由の一つに、分解・組み立てが簡単というのがあります。

旅行・出張の際にあまりかさばるのも困りますからね。

腹筋ローラーは構造もシンプルなので、↓の写真のように分解できます。

ちなみにこの画像の右端に写っているのはヒザを保護するマットです。

腹筋ローラーをやってみるとわかるのですが、何も敷かずに床でやるとヒザがめっちゃ痛くなります。

マット付きのものがおススメです。

第2位・プッシュアップバー

プッシュアップは胸と腕を鍛える種目ですが、アブローラーと同じく体幹全体を鍛える事ができる種目でもあります。

器具がなくてもできるのですが、床に手のひらをついて行うと手首が痛くなるので愛用しています。

また、プッシュアップバーがあると可動域が大きくなって効果もアップします。

使い方はこちらの動画が参考になります。

プッシュアップバーを選ぶ時は、腹筋ローラーと同じく分解・組み立てが簡単なものを選ぶのがおススメです。

あと、なるべく軽いほうがいいですね。

これは私も使っていますが、軽くて分解・組み立ても簡単なのでおススメです!

ちなみに、腹筋ローラーとのセットもあります。

第1位・トレーニングチューブ

筋トレ器具を一つしか持って行けないとなったら、迷わず選ぶのがこのトレーニングチューブです。

工夫次第で様々な種目に負荷をかける事ができます。

特にこちらの商品はおススメです。

強度の違う5種類のチューブで組み合わせによって様々に負荷が調節できます。

さらには持ち手とドアアンカーもついています。

ドアアンカーは下図のように使います。

これによって、通常のチューブではできない↓のようなトレーニングも可能になります。

私もこのチューブを購入してから、旅行・出張の際のトレーニングが一気に充実しました!

まとめ

出張先に手頃なジムがあればビジター利用してみるのもいいですが、こうした器具を使ってみるのもなかなかおもしろいものです。

参考になれば幸いです!

トップページ







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする