プロテインを飲んでオナラが臭くなってしまった場合の解決方法

筋肉を作る原料となるのはタンパク質です。

なので、筋トレをしたら、十分なタンパク質を摂ることはとても大切です。

そして効率的にタンパク質を摂るために便利なのがプロテインです。

筋肥大を目的としてトレーニングをする場合、避けては通れないのがプロテインの摂取です。 ただ、世の中にはまだまだプロテインに対する誤解が...

私も普段から飲んでいますが、飲み始めてしばらくして、ある悩みが生まれました。

オナラが異常に臭い」という悩みです。

最初はたまたまかと思ったのですが、その状態はいつまで経っても終わりません。

被害が自分だけならまだ我慢もできますが、家族にも「臭い」と言われてショックでしたし、何とかしないといけないと思いました。

原因について色々考えてみたところ、プロテインを飲み始めた頃とオナラが臭くなり始めた時期が一緒でした。

なので、調べてみたところ、私と同じようにプロテインを飲み始めて、オナラが臭くなったという方は少なくないようです。

今回はプロテインでオナラが臭くなる原因と、実際に私が解決した方法についてお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

プロテインでオナラが臭くなる理由

プロテインでオナラが臭くなる原因は、以下の二つの理由から、腸内環境が乱れ、悪玉菌が増えてしまう事のようです。

理由①乳糖不耐性

ホエイプロテインの原料は牛乳ですが、牛乳やホエイプロテインには「乳糖」というものがふくまれています。

日本人は子どもの頃はこの乳糖にたいして耐性を持っていますが、約80%の方は成長とともにこの耐性がうしなわれてゆきます。

この「乳糖への耐性」を失った状態を「乳糖不耐性」といいます。

この「乳糖不耐性」の方が乳糖を一定量以上(個人差あり)摂取すると、下痢や腹痛を起こします。

この時、同時に腸内環境も乱れ、便やオナラが臭くなってしまうようです。

理由②タンパク質の摂りすぎ

筋肉を大きくしていこうと思ったら、筋トレをして十分なタンパク質を摂る事は必要です。 タンパク質が不足するとせっかくのトレーニングがムダになってしまうかもしれません。

なので、プロテインも活用しながら積極的にタンパク質を摂っていきます。

たた、ここで注意しないといけないのがタンパク質の摂りすぎです。不足を恐れてタンパク質を摂りすぎてしまうのも良くありません。

タンパク質を摂りすぎると、消化しきれなかったタンパク質が悪玉菌のエサになります。そしてその結果、悪玉菌が優勢になり、腸内環境が乱れてしまいます。

プロテインは簡単に良質のタンパク質が摂れるので、つい摂りすぎてしまうという方も多いようです。

対策

乳糖不耐性が原因の場合の対策

乳糖不耐性が原因で臭くなっている場合は、単純に乳糖の摂取量を減らす事がいちばん効果があります。

まず、ホエイプロテインでも一般的なWPC製法のものから、WPI製法CFM製法といった乳糖を除去したものに替える事で乳糖の摂取量を減らす事ができます。

また、ソイプロテインに替えるのも有効です。

あと、これは私もやってしまっていた事ですが、プロテインを牛乳で溶かすと牛乳の乳糖を摂ってしまうので、水で溶かす方がいいです。

私も牛乳から水に替えた事でとりあえず下痢は治まりました。臭さはまだまだ残りましたが・・・。

ちなみに牛乳は胃の粘膜を保護する働きがあるのですが、これにより栄養の吸収も制限されてしまいます。

ダイエットするならそれもいいですが、プロテインで筋肉を増やしていこうと思うなら、この効果はあまりありがたくありません。

そういう意味でもプロテインは水で溶かすのがおススメです。

タンパク質の摂りすぎが原因の場合の対策

タンパク質の摂りすぎへの対処は、まずは肉、魚といった食物、プロテインといったタンパク質の全般の量、摂り方を見直してみることが大切です。

筋肉を増やそうとするなら、体重1kgあたり1日2~3gのタンパク質が必要になります。

適正量と思っていても、つい摂りすぎてしまっているという場合もあります。

まずは1日の適正量を基準に見直してみると良いと思います。

そのほかの対策

ここまで2つの原因と、それぞれの対処法をお伝えしてきましたが、

乳糖を制限してみたけどまだ臭う
タンパク質の量を見直してみたけどまだ臭う
タンパク質の量を計算するのがめんどくさい

そう言われる方も多いのではないでしょうか。

特にタンパク質の量の計算はけっこうめんどくさいですし、適正量は個人差もあるので、なかなかむずかしい面もあります。

なので、ここからはさらに一歩進んで、腸内環境を整えていく方法についてお伝えします。

①乳酸菌を摂る

乳酸菌は腸内環境を整え、善玉菌を増やしてくれます。ヨーグルトやサプリメントなどで手軽に摂れるのも魅力的です。

乳酸菌で腸内環境を整える事で、オナラの臭いを抑える事以外にも、排便がスムーズになったり、それによって免疫力の向上や、美容効果も期待する事ができます。

ただし、乳酸菌は良くも悪くも効果が出るのはゆるやかです。副作用はありませんが、効果もじわじわとしか出ません。2~3日では効果は期待できないので、毎日の習慣にして長く続けていく必要があります。

そういう意味では腐る可能性のあるヨーグルトよりも、続けやすいサプリメントの方がいいかもしれません。

②酵素を摂る

私もオナラの悩みで調べるまでは、あまり酵素については注意を払っていなかったのですが、酵素は体にとってとても大切なようです。

ここで詳しく酵素について説明すると脱線してしまうので、簡単に説明すると、酵素というのは消化や代謝に関係する物質で、不足してくると様々な影響がでてくるそうです。

その影響の中に腸内環境の乱れもあり、酵素不足もオナラが臭くなる原因の一つのようです。

そして筋トレをして筋肉を増やそうとすると、食事回数も増えますよね。食事回数が増えるとそこに酵素が大量に使われ、不足してしまうようです。

筋トレをして食事回数を増やすなら、酵素は摂った方が良いみたいです。

これはあくまでも個人的な体感ですが、私の場合、酵素を摂るようになってから、かなり臭いが抑えられるようになったと感じています。

気のせいかもしれないレベルですが、睡眠の質もよくなったように思います。

最近は手軽に酵素を摂れる健康食品もおおいのですが、多すぎて迷う場合にはいちずな酵素というものがおススメです。

これも詳しく書くと脱線してしまうので詳しくはまた今度書くとして、いちずな酵素の最大の特徴はゼリー状で一回分毎に包装されている事です。

これによって、持ち運びも簡単ですし、ドリンクのように洗い物もでません。包装もプラスチックなので、リサイクルできてエコです。

また、ゼリー状なので腹もちもいいですし、より多くの酵素を腸まで届ける効果もあるそうです。

私の場合、かばんに2~3個入れておいて、小腹が空いたときにツルっと食べています。クセが少ない味で、食べやすいのも気に入っています。

どの酵素にするか悩んだら、個人的にはいちずな酵素をおススメします。

デブ菌にアタック

太りにくくなる効果もあるようです♪

まとめ

・まずは乳糖とタンパク質の摂りすぎがないか見直してみる
・乳酸菌や酵素を試してみる。

私の場合はこれで解決できました。

もし今悩んでいる方がいたら、一度試してみる事をおススメします!

トップページ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする