スポンサーリンク

筋トレで呼吸が大切な3つの理由と具体的な呼吸法について

筋トレの時、呼吸を止めた方が力が入る為、無意識のうちに息を止めてしまっている人が多いようです。確かに呼吸を止める事で力は発揮できますが、同時に危険性もあります。筋トレをする時に呼吸が大切な理由と、理想的な呼吸法、一瞬だけ息を止めるテクニックについて解説しています。

ダイエットと筋肥大 同じ筋トレでもやる事が違う理由

ダイエット目的で筋トレを始めた後、筋トレにハマり筋肥大へ方針転換するという方は多いようです。ただ、ダイエットの筋トレをそのまま続けても筋肥大は期待できません。正直言うと、ダイエットはがむしゃらにでもやれば結果は出ますが、筋肥大は全ての要素を理論的に組み立てて実践しないと効果が出ません。今回はそうした注意点についてお伝えします。

自宅自重自己流トレーニングが挫折しやすい3つの理由と対策

筋トレを始めようと思った時に、自宅自重自己流筋トレで始める方は多いです。腕立てとか腹筋とかスクワットなど、出来る事から始めるパターンですね。筋トレがいいとわかっていても始められない人の方が多い事を考えると、始めただけでも素晴らしい事ですが、長続きせずに挫折しやすいパターンの1つでもあるようです。今回はその理由と対策についてお伝えします。

筋トレの最適な頻度ってどのくらい 初心者向けメニュー7選も

筋トレでは頻度というのも大切な要素です。あまりにも間隔が開きすぎると筋力は増えていきませんし、頻繁すぎてもダメです。ではどうしたら良いか?今回はそんな疑問にお答えします。初心者向け、最初に取り組むべきメニュー7選も紹介します。今回の記事を参考にして、適切な頻度でのトレーニングメニューを作っていただければと思います。

初めての筋トレ 筋トレを始める時に気をつけたい7つのポイント

筋トレではまず始める事が大切で、次に続ける事が大切です。ただ、やみくもに続けていても効果が出なくてモチベーション低下につながりますし、無理をするとケガにつながります。かといって全てを覚えてから始めようとするといつまで経っても始められません。この記事では、筋トレを始めるにあたり最低限覚えておきたい事を、厳選してお伝えします。

ダンベルとバーベル3つの違いと効果的な活用法

フリーウェイトで筋トレする場合、同じ部位を鍛えるのにもダンベルとバーベルどちらでもできる種目ってありますよね。これはどっちでもいいかというと、そういうわけでもありません。それぞれの形状の違いから、用途や効果に違いがあります。今回はそうした違いを理解して、トレーニングに活かす方法をお伝えします。

速筋遅筋の違いの理解と筋肥大トレーニングへの活かし方

今回のテーマは「速筋と遅筋の違いの理解と筋肥大トレーニングへの活かし方です。あまり聞きなれない言葉かもしれませんが、実は筋繊維にはいくつか種類があり、異なった特徴、働きがあります。こうした筋肉の性質の違いを理解しておくと、より効率的に筋肥大トレーニングができるようになります。

スポンサーリンク