筋肉や関節に痛みがある時にロキソニンで痛みを抑えて筋トレしても大丈夫?

本気で筋トレをすると筋肉痛になったり、つい実力以上のウェイトを扱って関節を痛めたり、痛みとは切っても切れない縁があります。

痛みを抑えるために鎮痛効果のあるロキソニンなどを利用したくなりますが、もしかしたらそれは危険かもしれません。

今回は鎮痛薬で痛みを抑えてトレーニングを行う危険性についてお伝えします。

スポンサーリンク

筋トレ時の痛みにロキソニンは効くのか?

ロキソニンは鎮痛薬としてはとても有名で、一般のドラッグストアで買う事もできますし、病院で処方される事もあります。

もちろん筋肉痛や関節痛にも一定の効果があります。

そして副作用や胃への負担も少なく、非常にポピュラーな薬です。

なので、先ほど述べた「危険」というのはロキソニンそのものの危険性ではありません。

「痛みを抑えて行うトレーニング」の危険性が問題なのです。

ロキソニンで痛みを抑えて行うトレーニングの危険性

まず、痛みの意味について考えて欲しいのですが、一体なぜ痛みというのは起こるのでしょうか?

痛みというのは、体に危険が及んでいる事を知らせる生理的本能です。「このままではヤバいよ!」と警告しているわけですね。

ではその警告を無視するとどうなるかというと、当然より大きなケガ、故障につながります。

なので、痛みがある時はロキソニンなどで痛みを抑えるのではなく、身体からの警告と受け止め、休む事が大切です。

もちろん、痛みが強い場合にはロキソニンなどで抑える事は問題ありません。ロキソニンで痛みが治まったからといって、無理にトレーニングすることが危険ということは覚えておきましょう。




身体に痛みがある時にすべきこと

身体に痛みがある時は、まずは安静にすることが大切です。無理な運動が避け、身体が回復するのを待ちましょう。

もちろん痛みが強すぎて眠れない、といった時にはロキソニンを活用するのは問題ありません。

あとは、冷やす事も有効です。

氷のうで冷やしてもいいですし、湿布も有効です。

ただし、無理にトレーニングをする事だけはやめましょう。

1日2日休んだくらいでは筋肉は減りませんが、無理なトレーニングで痛めた筋肉や関節はそう簡単には治ってくれません。

筋肉、関節あっての筋トレですから、大事にしていきましょう!

トップページ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする