やっと買えました!アイロテックバーベルダンベル140kgセットを買った感想レビュー

おこれまではアイロテックのプレート式ダンベル30kg×2個の60kgセットを使っていたのですが、物足りなくなってバーベルとダンベルの140kgセットを思い切って買いました。

早速ですが使ってみた感想をレビューしたいと思います。

アイロテックにした理由

ダンベル、バーベルを調べているとたくさんのメーカーが出てきてどれがいいか迷いますよね。

私も今回のバーベル購入はとても迷ったんですが、以下の理由から今回のアイロテック140kgセットを買う事に決めました。

プレートが持ちやすい

アイロテックのバーベルダンベル140kgセットでは、20kg15kg10kgのプレートがそれぞれ2枚ずつ入っているのですが、この3種類は持ち手となる穴があって持ちやすくなってます。

これによる利点は2つ。

・片手で持ち運べる

さすがに20kgにもなるとつまんで持ち運ぶ事は難しいです。

通常のプレートだと両手で持ち運ぶのですが、IROTECのプレートは持ち手があるので片手で持ち運ぶ事ができます。

これは個人的にかなり便利だと思うポイントです。

・ダンベル代わりに使える

ダンベルもセットになっているのでダンベルはダンベルで使うのですが、プレートの付け替えが必要なので正直面倒な時もあります。

そんな時、とりあえずこのプレートをダンベル代わりにできたりもします。

例えばサイドベンドという種目では、ダンベルを持って脇腹の筋肉を鍛えます。

私は通常32.5kgのダンベルでこの種目を行うのですが、3セットやった後は少し重量を落としてもう3セットします。

だいたい5kgのプレートを2枚ずつ外して22.5kgにしています。

この時、プレートで重さを調節していると早くても30秒程度はかかります。

それが20kgプレートをダンベル代わりにできる事でこの30秒が不要になります。

これも忙しい中、時間を見つけてトレーニングしている方には心強いのではないでしょうか。

これまでもIROTECを使ってきた

私が最初に買ったのは他社のダンベル60kgセットでした。

IROTECより安かったのですが、品質的に大きな問題がありました。

プレートの付け替えの際にプレートとシャフトが当たる衝撃で塗装がはげて細かい破片となって散らばるのです。

初めて買ったのでこういうものかと思ってこまめに掃除機をかけていたのですが、ある日その破片が手に刺さってしまいました。

運悪く力を入れて握った時に刺さったので激痛が走り、良く見るとかなり深く刺さっていました。

そこから約1時間、トレーニングを中断して針で破片の摘出をしました。

まぁ無事取れたから良かったものの、これを使い続けるのはまずいだろうと思いショップに連絡して、ショップ側から返品、返金の提案をいただいたので返品しました。

そして次に買ったのがIROTECだったのですが、正直IROTECも塗装ははがれます。

ただ、その前のダンベルと比べると「出ない」と言ってもいいくらいのレベルなので、これまでも満足して使ってきました。

その後インクラインベンチなども同じアイロテックのものを買いましたが、使っていて快適ですし故障もありません。

なので、今回のバーベルもIROTECで買う事にしました。トレーニング器具は高いので、失敗したら悲惨ですからね。

オリンピックバーベルとも悩んだが…

同じIROTECでもさらに上位モデルのオリンピックラバーダンベルというのもあります。

全体がラバーコーティングされているので塗装がはがれる心配もありません。

ただ、これは以下の理由からあきらめました。

・ダンベルとプレートの互換性がない

ダンベルのプレートはφ28mmなのですが、オリンピックバーベルはφ50mmのプレートです。

それぞれ互換する事ができません。すでにφ28mmのダンベルを持っていた為、φ50mmのプレートは使えません。

・値段が高い

フルラバーコーティングなだけあって、値段は鉄に塗装しただけのものの倍くらいします。

今の経済力では手を出す勇気がありませんでした…(泣)

実際に頼んでから届くまで

今回、ヤフーショッピングで注文したのですが、九州まで届くのにかかった日にちは3日間でした。

届いたのがこちら↓

伝票8枚にハンコ押しました。ヤマトのお兄さんお疲れ様でした!ありがとうございます!

手前の長いのがバーで、それ以外はほぼプレートです。

長方形の箱には軽めのプレートとダンベルのバーが入ってました。

全部箱から出すとこんな感じです。

なかなか壮観です。

バーは160cm、180cm、200cm3種類から選べます。今後買いたいと思っているパワーラックが、バー200cm以上対応なので200cmにしました。事前に部屋のサイズで大丈夫なのは確認してましたが、やっぱ長いです。2mは。

ちなみにこれを部屋に置いたのがこんな感じです。

先ほども言ったように、まだラックは買っていません。

というのも、この前Yahoo! JAPANのカードを作った時に5000円分のTポイントをもらったのでそれを使ってこのバーベルを買いました。

支払いもYahoo! JAPANのカードを使ったので、さらに追加のポイント還元がありました。さらにバーベルを買った分のポイント還元もあります。

それをラック購入時に使おうと思ってます。

ヤフーカードは年会費永年無料ですし、ソフトバンクユーザーならさらにヤフーショッピングのポイントが上がり、毎回10%以上のポイント還元があります。

とりあえず作っておいても損はないカードです。

現在ラックの代わりに使っているのがこれ

少し話がそれましたが、現在ラック代わりに使っているのが、チンニングスタンドのディップス部分と、セーフティ代わりの上記画像の箱みたいなやつです。

これは1000円くらいで売っていた2段ボックスに厚さ2cmの板を天番につけて補強しただけなんですが、結構強いです。

体重75kgの私が乗ってもびくともしません(あくまで乗るだけです。横に揺らすと少し不安です。まぁ普通にバーベル置き場としては十分に機能します。)

なので2つあれば100kgオーバーのバーベルでも余裕です。

ちなみにこれはグッデイというホームセンターで作りました。

九州山口を地盤とするホームセンターチェーンですが、店舗が広くて資材が豊富ですし、生活感があるので良く利用させてもらってます。

グッデイでは作業スペースで無料で工具が使えますし、グッデイで買った板は2カットまで無料です。(3カット目からは50円くらいでした。)

こういう日曜大工的なのは家でやると木くずなどが出るので、こういう作業スペースがあると助かりますね。

グッデイHP

使ってみた感想

現在使って10日ほどですが、まぁまぁ良い感じです。

良かった点

やはり大きいプレートが片手で扱えるのは助かります。

特に今はまだラックが無いので、片手でバーを持って片手でプレートを取り付ける事ができるというのは必須なので重宝しています。

あと、ダンベル代わりに使えるのも助かりますね。

10kgはサイドレイズに使ってますし、20kgは両手で持ってハンマーカールの最後の追い込みに使ってます。

・・・な点

特に不満は無いんですが、塗料は剥がれやすいかもしれませんね。


床に当たった時についた塗料


壁に当たった時についた塗料

床はコンパネ板で保護してますし、壁紙は最悪張り替えればいいと思っているので私は気にしませんが、気になる方はラバーつきのものを買った方がいいかもしれません。

あと、余談ですが「床を傷つけないため」にラバー付きダンベルを買う方も多いと思います。

ただ、自宅でトレーニングしていくなら、ラバーだけでなく何らかの方法で床は保護した方がいいです。でないと、うっかりプレートを落としてしまった時にラバーだけでは不十分な時があります。

私の場合はホームセンターで買ったEVAマットを敷いた上に塗装コンパネを敷いています。防音効果もありますし、万が一プレートやバーを落としても安心です。

コンパネは4枚敷いてますが、1枚1500円くらいでした。EVAマットは総額で3000円くらいです。

ラバーに関してですが、一度劣化してボロボロになったラバーを見た事があります。替えの購入はできないようなので、ラバーに頼りすぎるのもよくなさそうです。

ちなみに同じ140kgのセットの場合、ラバーの有無による価格差は約1万円です。そう考えるとやはり個人的にはコンパネでの床補強をおススメします。

もちろん床はコンパネ、バーベルはラバーと、ダブルで対策できればさらに安心ですが。

総評

全体としては非常に満足な買い物でした。

60kgダンベルセットを買ってからEZバーを買ってベンチプレスやスクワットもできてましたが、65kgが限界だったので、上限が一気に上がりワクワクしています。

100kgセットか140kgセットで迷う方も多いと思いますが、1万円の差なら個人的には140kgをおススメします

20kgプレートを後で買い足すと1枚8000円以上しますので。

トップページ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする