【初心者必見】初めてジムに行くのに恥ずかしくない服装ってどんなのがいいの?

初めてのジム。期待と緊張でドキドキワクワクしますよね!

でも不安もあったりもして、特に「どんな格好で行ったらいいの」というのは大きな悩みだったりもします。

なので今回の記事では、初めてジムに行くあなたでも気後れしない服装についてお伝えしたいと思います!

ジムでの服装トップス編

まずは上半身から。

Tシャツ

定番中の定番がTシャツです。ジムに行くと、だいたい半分以上の方がTシャツです。

ポイントとしてはなるべく身体にフィットしたものを選びましょう。

あまりゆったりしすぎたものだと器具にひっかけて危ないですし、自分の体型や筋肉の動きを意識するためにも、ジャストサイズがベストです。

あと、素材は綿よりも速乾性のあるポリエステル系がおススメです。綿100%だと汗をかいた時に肌にはりつく感じがしてあまり気持ちよくありません。

加圧シャツ

まだまだ少ないですが、着実に増えてきているのが加圧シャツです。

トレーニング効果がアップします。

ピチピチ感が恥ずかしいという方は加圧シャツの上に普通のTシャツを着込むのもアリです。

筆者も実はこっそりTシャツの下に着ています。

実際に着た感想や、買う時の注意点はこちらの記事に書いています↓

関連記事:増量期で太りすぎたので話題の加圧シャツで短期減量にチャレンジしてみます!

ジャージ

冬場はTシャツだけでは寒い時もあります。

そんな時はジャージの上下を1セット持っておくと、とりあえず身体が温まるまで着ておいて、温まったら脱ぐ、という使い方もできます。

パーカー

フードつきのパーカーも寒さ対策になりますし、フードをかぶる事で周りを見えなくして、自分のトレーニングに集中する事もできます。

こんな感じで↓

アメリカのトップボディビルダーであるカイグリーンのトレーニング動画です。

筆者も憧れて着てみた事がありますが、すぐ暑くなって脱いでしまいました。

ノースリーブ

動きやすく、自分の腕の筋肉も見ながらトレーニングできます。

難点としては、ある程度筋肉がついてからでないと似合いません。

初めてジムに行くなら避けたほうが無難です。

タンクトップ


ノースリーブの発展系ですが、ノースリーブ以上に筋肉が求められます。

面白いのがボディビル用タンクトップというのがあって、筆者がたまに行くジムで着ている人は数人しかいませんが、全員かなりの筋肉のついたベテランです。

「いつかこれを着られるようになってやる!」と思うのはいいですが、初めてジムに行くのにこれを着てしまうとかなり浮いてしまうでしょう。

番外編・何も着ない

これは基本的にマナー違反ですが、ジムによっては可能な場合もあります。

プライベートジムとかならありかもしれません。

鏡があれば自分の身体を見ながら「もっとここの筋肉つけたいな」とか考えながらトレーニングできるので、モチベーションも上がります。

特に大胸筋のトレーニングでしっかりパンプアップした後は、胸が大きくなってるのが目に見えるのでテンション上がります。

筆者はほぼ毎回貸し切り状態の穴場公営ジムでたまにやりますが、まれに他の利用者が入ってくると気まずいです。

「そろそろ服着ようと思ってたんだよね~」と誰も聞いていない言い訳を心の中でつぶやきます。

ジムでの服装ボトムス編

短パン・ハーフパンツ

ボトムスの定番中の定番は、短パン・ハーフパンツです。

Tシャツと同じく、半数以上の方が着ています。

これもやはり速乾性のあるポリエステル系のものがおススメです。

ジャージ・スウェット

これも上半身と同じく、ちょっと寒い時、温まるまで着ておけるので便利です。

不思議と上下セットで着ているベテラントレーニーはいないので、あえて着る事で良い具合に初心者感が出ます。

車の若葉マークと同じでちょっとしたマナー違反くらいなら大目にみてもらえるかもしれません。

ランニングパンツ

筋肉の動きが見えるので良いのですが、相当筋肉がないと似合いません。

筆者の行くジムではほとんど見ませんが、かなりの上級者向けです。

女性はともかく、男性ははみ出るリスクがあるので、避けたほうが無難です。

レギンス

これも筋肉の動きがよくわかるし、加圧効果も期待できます。

ただしピチピチ感がありますし、男性の場合は別の心配もあります。

改善策として、レギンスの上に短パンを履くという手があります。

これは初心者でも違和感がないのでおススメできます。

番外編・ステテコ

一周回ってオシャレ感があるのがステテコです。

ユニクロなどファストファッションでオシャレ感のあるステテコが増えてきて、たまにジムで来ている方を見かけます。

ただし着こなせないとさらに一周回ってダサくなってしまいます。

ジムでの服装シューズ編

基本的にジムでは室内シューズ着用が義務です。

トレーニングシューズ

定番中の定番がトレーニングシューズです。

ただし注意したいのがジムでの目的別に靴底の厚さと柔らかさを選ぶ必要があります。

スタジオでのエアロビクスや、トレッドミルでのランニングが目的なら、靴底が厚くて柔らかいものがいいのですが、ウェイトトレーニング、特にフリーウェイトをメインにしていきたいなら靴底は薄くて硬いものを選びましょう。

最初のうちはそんなに気にならないと思いますが、重量が上がってくると靴底が厚すぎたり柔らかすぎるものはバランスがとりにくいです。特にスクワットやデッドリフトは高重量を扱うのでバランスを崩すと危険です。

アンダーアーマーのものが機能性に優れていますが、下記のショップが品ぞろえが豊富です。

ウェイトリフティングシューズ

フリーウェイトをメインにしていきたい方におススメなのがウェイトリフティングシューズです。

スクワットやデッドリフトはウェイトリフティング種目なので、フリーウェイトをやりたい方にはまさにぴったりの靴です。

五本指シューズ

5本指ソックスの用に指先が分かれています。裸足に近い感覚でトレーニングができます。

ビブラムのファイブフィンガーズが有名です。下記のショップが品ぞろえが豊富です。

特定のスポーツ系シューズ

たまに見かけるのがバレーボール用シューズやバスケットボール用シューズ。

特定の競技用にトレーニングをするなら、使いなれたシューズを履くと競技の時との違和感を感じにくいです。

番外編・体育館シューズ

これもたまーにですが見かけます。

機能性はいいんですよね。靴底も厚すぎないし、靴ひもなしでフィットするし。

ただ、ずっと使い続けるのはやめましょう。ハンパない初心者感が出ます。

ジムでの服装・小物編

帽子


帽子をかぶってトレーニングする方は少なくありません。特にキャップは多いですね。

スポーツ系と通常のファッション系がありますが、有酸素運動系の人はスポーツ系が多く、フリーウェイト系の人はファッション系が多いように感じます。

これはおそらく汗の量と関係してます。

有酸素運動はかなり汗をかくので、スポーツ系の吸汗性・速乾性のあるものでないと蒸れるし汗でビチャビチャになってしまいます。

注意点としては、フリーウェイトでファッション系キャップをかぶると一気にベテラン感が出るので、ある程度経験を積むまでは避けた方が無難です。

格好だけキマッててもトレーニング内容が貧相だと冷ややかな視線が注がれてしまいます。

トレーニンググローブ

ある程度扱うウェイトが増えてくると、手の皮への負担が大きくなってきて痛くなったり、マメができたりします。

こうした状態を避けるためにトレーニンググローブがあります。

ゴールドジムのレザーグローブもいいのですが、個人的には洗えるもののほうがいいと思います。夏場は結構汗をかいて手汗もかくので、洗えないと臭くなってしまいます。

軍手や作業用のすべり止めの手袋をしている方もいますが、ケチくさい感が出るのでおススメしません。筆者は家でのトレーニングの時は作業用のすべり止めの手袋をしていますが。

まとめ

いかがだったでしょうか?初めてジムに行く時の服装のイメージはつかめましたか?

よほどファッションに自信があるなら別ですが、いきなり奇抜な服装で行くと浮いてしまいます。

なので、初めてジムに行く時の筆者のおススメの服装は、ズバリTシャツと短パンです。

そしてできれば中に加圧系インナーを着ていきましょう。

同じ時間トレーニングしても効果が全然違います。

そして慣れてきて、ジムの雰囲気がつかめてきたらちょっとずつ個性を出していきましょう。

スポンサーリンク
Vidan ザビースト

ENJOYWORKOUT!トップページ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする